缶つまプレミアム 赤鶏さつま炭火焼再び

師走に入って、世の中も仕事もあわただしくなってきました。
今年もコロナに振り回された年でした。
緊急事態宣言のたびに飲食店に自粛で、外食もままならず。
リモートの日のお昼ご飯は、自宅にいるのに時短料理。
(だって、1時間で食事の用意、食事、後片付けはつらい。)
来年はどんな年になるかわかりませんが、
とにかく今年の分の仕事を終わらせておかないと年が越せません。


今回は、缶つまプレミアム 鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼です。
2回目の登場です。
『鹿児島県産「赤鶏さつま」を備長炭の炭火で焼き上げました』
と安定のおいしさでした。
過去記事はこちら
美味しいもの探検 缶つま プレミアム 赤鶏さつま炭火焼
前回 湯煎でシンプルにいただいたので、
今回はこのごろ凝っているコンベクションオーブンで焼きます。

まずはカロリー。

栄養成分表示(1缶75g当たり)
エネルギー131kcal たんぱく質18.2g 脂質6.3g
炭水化物0.3g ナトリウム300mg
「ナトリウムmg ×2.54÷1000=食塩相当量g」だから
300×2.54÷1000=0.762g ですね。
塩味なのに塩分が少ない。

缶を開けると、

炭火焼です。たれというか液体成分はほとんどありません。
オーブントースタープレートに移して、

冷凍ねぎをマシマシにのせます。
その上に、輪切り唐辛子をトッピングです。

コンベクションオーブンへそのまま。250° 4分。

ネギがしんなりしたら出来上がりです。

では、いただきます。

美味しい。
かむと炭の香りが広がります。スモーク感満載。
鶏肉の水分は少なめですが、パサパサではなくて、ギュッとしている食感です。
筋肉に沿って割れる感じがよくわかります。

かめば噛むほどに、鶏の旨みがジュワっと。
唐辛子に負けない鶏の存在感は、さすが、赤鶏‼

<子ブタ評;75点>


スポンサーリンク