美味しいもの探検 浅田屋の筍ご飯の素

春ですね。

スーパーにも筍が並び、あく抜きをしてちゃんと料理しろよ!とささやきかけます。
すかさず、「たけのこ難しいんだよ。」と言い返します。

美味しければ、私が作ろうが、買ってこようが、美味しさに変わりはありません。(正直に言いますが、私はこんなに美味しくできません。)

百貨店の特設売り場で見つけました。
春の食卓の主役、浅田屋の筍ご飯の素です。
浅田屋筍ご飯1
桜ちらし寿司の素と一緒に買いました。
浅田屋桜ちらし寿司の素
桜はちらしですが、筍は炊き込みです。
お釜に洗ったお米2合を入れて、だしと具材を入れます。
浅田屋筍ご飯2
おだしが透き通っています。

ここで、ブタ達のリクエストです。
このおだしを見て、少しおこげがあった方が好きなんだけど・・・お醤油少し入れて欲しい。筍ご飯は筍の味がしっかりと味わえるように薄めに仕上げてあるのですが、おこげが好きと言われてしまうと苦しい選択です。
すこーしだけお醤油を垂らしてあげました。

お米にだしを加えたら、そのまま待ちます。
お米がだしを吸収するためです。
待つこと30分。いよいよスイッチオンです。
浅田屋筍ご飯3
美味しそうに炊けました。
筍もたくさん入っています。
浅田屋筍ご飯4
ほんのりおこげもできて、満足かしら。
浅田屋筍ご飯5
一口。美味しい。優しい味です。鰹と昆布の薫りがふわっとします。
筍は柔らかくて、でもしっかりと食感を残しています。筍の風味だけを残して、あくが完全にぬいてあります。
おこげは、少し味が濃くて、ブタ達が争って食べていました。
美味しかった。

<<関連記事>>

五色そうめん森川の蛸飯の素
五色そうめん森川の鯛飯の素
2014 きのこ桜ごはんの素
浅田屋桜ちらし寿司の素


スポンサーリンク