美味しいもの探検 ビーフシチューをハムとハム比べ

電子レンジ用容器の進化が止まりません。
常温レトルト食品の場合、おまじないのように
「中身を深めの耐熱容器に移してラップをかけて電子レンジで温めてください」
と書いてあったのですが・・・。
大企業が開発すると違うんですね。
そこで比べてみました。ハムとハム・ビーフシチューです。
まずは、


伊藤ハム レンジでごちそう ビーフシチュー赤ワイン仕立て です。
「フォンドボーと赤ワインでコクと重厚感」と書いてあります。

500W 1分30秒 600W 1分30秒 湯煎7分。
伊藤ハムの商品サイトで調べると、
1パック(185g)あたり 熱量 344kcal たんぱく質 7.4g
脂質 25.2g炭水化物 21.9g 食塩相当量 2.2g
表面のシールを取ると

レトルトパウチが入っています。

容器に秘密があるはずなので、お気に入りの器に移したい気持ちを抑えて、

付属の容器に中身をあけて

フタをしてレンジでチン‼ 600W 1分30秒

では、いただきます。

じゃがいもは熱々。ほく・・くらいの食感です。
お肉はやわらかくて、赤ワインの味は 少な目ですが、
塩味が少し強いかな。
じゃがいもがもう少しとろけているとマイルドになるのかな。

次は、日本ハム あじわいレンジ ビーフシチュー

「とろけるお肉と香味野菜の深みのある味わい」と書いてあります。

栄養成分 1パック(185g)あたり 熱量 295kcal たんぱく質 10.0g
脂質 20.4g 炭水化物 17.9g 食塩相当量 1.7g
召し上がり方 【電子レンジ専用】

容器の「OPEN」より点線までフィルムをはがし、電子レンジで温めてください。
<500W・600W 1分30秒>
伊藤ハムとは書いてあることが違います。
紙の外装を取ると、

こちらはパックしてあります。
「点線までフィルムをはがし、電子レンジで温めてください」
よくある冷凍の注意書きです。きちんとはがして、600W 1分30秒
できました。

けっこう、飛び散っています。  いただきます。

スープは甘め。ワインの風味はかなり薄め。
じゃがいもは、ホクホクほく。美味しい。
お肉はやわらかいけど、ややパサつき感が気になるかな。

<感想>
味は、「レンジで」が大人向けで、「あじわい」は万人向け。
じゃがいもは、「あじわい」が角のとろけ具合といい絶品
牛肉は「レンジで」のほうが好きかな。
容器としては、「あじわい」が楽ちん
「レンジで」は湯煎の選択肢が残されているので、今度は湯煎でもいいかも。

迷いは尽きません。
でも、らくちんな時代になったものだ。


スポンサーリンク