物産展 日本全国旅気分 鬼鯖鮨

百貨店の九州物産展で見つけました。三井楽水産の鬼鯖鮨です。
九州の北に横たわる五島列島からの鯖ずしです。
東シナ海で捕れた天然真鯖を旨酢に浅漬けした鯖のお寿司です。

なぜ、鬼か?
説明書によると、五島列島のひとつ、福江島にある鬼岳から名前をとっています。鬼岳は「おんだけ」とよみます。
五島列島の火山帯の中では、ひときわ目立つ存在です。そんな鬼岳火山に見つめられて作られているお寿司です。
鬼鯖1
今回は、炙りという事で、焼き鯖鮨をいただきます。
鬼鯖2
鬼鯖用の醤油がついています。
鬼鯖3
いい具合にこんがりと皮目が焼けています。
鬼鯖4
乾燥防止のためにラップがついています。
鬼鯖5
鯖が分厚い。半分ではないけれど、三分の一以上の鯖です。
鬼鯖6
一口。美味しい。少し甘酢です。
鯖の皮がすこし焦げた香ばしい感じが鼻をくすぐります。
獲れたてを〆たのだろうと確信できるほど、鯖が生きています。
焼鯖ではなくて、炙り鯖という言葉がぴったりなくらいにぎりぎり焼かれた鯖は、しっとりとしていて美味しい。

炙りでない昆布に包まれたノーマルも今度はいただきたいなと思います。

<<関連記事>>

越前田村屋手押し焼き鯖寿し
華ずしの金華鯖ずし
源兵衛 鯖寿し
鯖街道花折の鯖寿し
越前田村屋炙りのどぐろ寿司
成城石井サーモン押し寿司
あなご一本巻寿司
富山ますのすし
すし慶金目鯛あぶりすし
下村あなご寿司


スポンサーリンク